アメブロを自動的にツイッターに投稿する方法

アメブロを使っている方、たくさんいますよね!

同時に、ツイッターを使っている人もいるかとおもいます。

で、アメブロを更新しました!とツイッターにてつぶやいている人もよく見かけます。

・・・でもですね。はっきりいってめんどくさい!2箇所同時更新は予想以上に大変です。

そこで、非常に便利なツールがあります。

http://twitterfeed.com/
ツイッターフィード

このサイトのツールを使えば、アメブロで書いた内容を、自動的にツイッターに(一部を)投稿することが可能になります。

使ってみるとわかりますが、かなり便利です。

海外サイトですので、英語でなんのことやら?という方もご安心。

非常に丁寧に開設している方のブログをご紹介します。

http://ameblo.jp/kurumatorajiro/entry-10695082625.html
「twitterfeed」ブログ更新情報を自動でツイッター(twitter)へ投稿

ツイッターを持っている方は、ついでにツイログも使ってみるといい感じで情報発信の輪を広げることができますよ!

http://twilog.org/
ツイログ

タグ

fc2ブログからWordPressへ移行する方法

http://hatsukami.wordpress.com/2008/06/19/fc2towp/

上記の記事を参考までに。

これは、アメブロからワードプレスへ記事を持って行きたい場合に有効な手順です。

FC2にブログお引越しサービスというものがありますが、アメブロのデータもすべて引っ越してくることが出来ます。

https://secure.id.fc2.com/blog/import/regist.php

このサービスが非常に便利で、通常、アメブロには記事のバックアップ(エクスポート)の機能は無いので、

他のブログに引っ越したいときに、過去のデータを持ってくることが出来ません。

そこで、上記のFC2お引越しサービスを使ってまずはデータを引っ越してきます。

そうすることによって、FC2にブログのデータが引越しされ、FC2はエクスポートの機能がありますので、

そのデータを使って他のブログへデータを引越しすることができるというわけです。

× アメブロ→その他のブログ

○ アメブロ→FC2→その他のブログ

こういうことですね。FC2グッジョブ!

で、話はもどりまして、ワードプレスへFC2からエクスポートしたデータを移動する際に、

ちょっとした下準備が必要になります。

それを親切丁寧に開設されてる方がおられるので、その記事を紹介したかったわけです(笑

しつこいようですが、そのサイトはこちら!

http://hatsukami.wordpress.com/2008/06/19/fc2towp/

タグ

2011 年 3 月 11 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Web全般 てるよし メモ

リンクをクリックした際に出る点線を消す方法

リンクを設定した画像をクリックすると、なにやら点線が出てきますよね?これを消す方法を幾つかご紹介いたします。

こーいうのですね。結構気になる点線ではあります。

で、消し方ですが、基本的にCSSにて一括で非表示にします。

a {
outline:none;
}

こんな感じです。でもこれだと、FirefoxやSafariで消えても、IE大先生はきえてくれません。めんどいですね笑 これでも消えない場合は、aタグに対して直接以下の記述を入れます。

onfocus=”this.blur();

この記述をaタグに直接いれます。ソースとしては下記のようになります。

<a href=”http://www.at-nature.net/” onfocus=”this.blur();>test</a>

画像にこの設定をいれてリンクするとこんなかんじ(画像をクリックしてみてください)。

設定してないとこんなかんじで点線がでます。

設定前と設定後 ビフォーアフター。岡田監督がいっぱいです(笑

lite boxの古いバージョンでこの線が、CSSの設定ではなぜか消えなかったりといろいろとめんどくさいことになってたので、直接上記のonfocusを設定すると消えるようです。後、このonfocusの設定を一つずつリンクに設定するのはめんどくさい!という場合に、良い方法を見つけました。
以下を内に記述するだけで、全てのaタグに対して、同様の効果を与えることが出来ます。

<script type=”text/javascript”>
<!–
function disable_links_outline() {
var blur = function () { this.blur() };
for (var i = 0; i < document.links.length; i++)
document.links[i].onfocus = blur;
}
//–>
</script>

BODYタグには以下を記述します。
<body onload=”disable_links_outline()”>

※参考元

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1095664

うーん、素晴らしい!

タグ


2010 年 3 月 2 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:CSS Web全般 てるよし メモ

Microsoftが次期WebブラウザのIE 9を披露

米Microsoftは11月18日、ロサンゼルスで開催の開発者向けカンファレンス「Professional Developer Conference(PDC) 2009」において、開発の初期段階にある次期Webブラウザ「Internet Explorer 9(IE 9)」を紹介した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091119-00000007-zdn_ep-sci

いや?早いですね。もうIE9の話が出てきましたか。順調にバージョンアップを重ね、IE8の辺りからようやくまとも?になってきた感があります。世の中にはIE6撲滅運動なる動きも出ており、すこぶる評判の悪いIEですが、ForefoxやSafariをギャフンといわせるくらいの超高性能高速軽量アドオン豊富な開発にも耐えうる素晴らしいブラウザをリリースしてもらいたいものです。なんだかんだでシェア1位なんですからっ!

そういえば・・日本が開発しているLunascape(ルナスケープ)、このブラウザのシェアがもっと増えればなと・・・。初期状態から多くのアドオンを装備しており、それでいて動作は快適。Firefoxのアドオンも実装できるようになるとか??今後に期待です。
Lunascape http://www.lunascape.jp/

あれ?IE9の話してましたっけ?笑
たのみますよーマイクロソフトさん!

タグ


どこが読まれているかが読める便利ツール User Heat(ヒートマップ・ツール)

http://userheat.com/

Webサイトの記事がどう読まれているのか?このツールは、訪問者が、Webのページのどこの段落を注目して読んでいるのか」と「どの場所がクリックされているかを調べて、その調査結果を共有するシステムです。

基本的に人間の目線は、「F字型」に動くと言われていますが、全てのサイトで本当にそうなっているのか?また、そうだとしてもサイトごとに個性もあり、それぞれが多少違う動きをしているはずです。そんな疑問を一発解消!超便利ツールをご紹介いたします。

このツールを使えば、どの部分がクリックされているのかやマウスカーソルの動き、よく読まれている場所を一発網羅。Webサイトの運営に必ず役に立つツールと言えるでしょう。ホームページへJavascriptによるタグを貼るだけで実装できる仕組みとなりますので、この機会に是非!TOPページだけでなく、タグを貼ったページ分、解析が出来るようです。

http://userheat.com/
User Heat : どこが読まれているか見える!無料ヒートマップ・ツール

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像