.htaccess関係のメモ

.htaccessの設定関係のメモ。

▼NOT FOUNDページの処理
ErrorDocument 403 http://www.at-nature.net/
ErrorDocument 404 http://www.at-nature.net/
ErrorDocument 500 http://www.at-nature.net/
URL部分にエラーページのアドレスを入れる。

▼ページの引越し等でURLが代わった場合の処理
Redirect permanent /index.html http://www.at-nature.net/
相対パスの部分に変更前のパスを、URL部分に引越し後のパスを記述。

▼任意のディレクトリ以下すべてのhtmlファイルに対して転送設定をかける処理
RedirectMatch permanent ^/test/.*$ ?http://www.at-nature.net/new/
この場合だと、http://www.at-nature.net/test/ にアクセスされると、そのディレクトリ以下すべてのhtmlファイルに対して転送設定を書けることが可能。

Redirect permanent /test/ http://www.at-nature.net/new/
上記のリダイレクト方法では、/test/test.html ←このようなファイルの転送がうまくいきません。

▼ドメインのwww有り
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^at-natur\.net
RewriteRule (.*) http://www.at-nature.net/$1 [R=301,L]
2行目にwwwなしのパス 3行目に有りのパスを記述。

2009 年 3 月 17 日

このページの先頭へ

イメージ画像